スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)

 内閣・政党支持率のV字回復を果たした菅直人首相は12日、6月24日公示、7月11日投開票の参院選に向け、選挙モードに突入した。「勢い」を持続させたい民主党新執行部は、公認候補見直しを最小限にとどめ、小沢一郎前幹事長が敷いた選挙戦術を踏襲する方針に切り替えた。一方、小沢氏は和歌山県の世界遺産「熊野古道」で「再生」を誓った。脱小沢路線はどこまで本気なのか。「偽装刷新」の疑念さえ浮かぶ。(政治部 小田博士、和歌山支局 渡邉陽子)

                   ◇

 「日本の閉塞(へいそく)状況を打開するために頑張りたい。経済、財政、社会保障をともに強くする政策を再スタートした民主党政権にやらせてほしい」

 12日朝から口蹄(こうてい)疫対策で宮崎県入りした首相は午後3時すぎに帰京すると、その足でJR新宿駅に向かい、マイクを握った。枝野幸男幹事長も「期待に十分応えることができなかった8カ月を真摯(しんし)に反省し、今度こそしっかりと成果に結びつけていく」と新生民主党を訴えた。

 一方、無役となった小沢氏は12日、和歌山県で地方行脚を再開した。連合和歌山幹部に「政権がこういう形で終わり迷惑をかけた」と謝罪し、自らの幹事長辞任をこう釈明した。

 「もう少し早ければと思ったが、鳩山由紀夫前首相と話し合ってああいうタイミングになった。ぎりぎりセーフかな…」

 「熊野古道」の霊域の入り口とされる田辺市の滝尻王子では険しい参道を散策し、記者団に現在の心境をこう吐露した。

 「熊野は心も身も病んだ人が再生し、よみがえる古くからの信仰の地だ。肉体的にも精神的にも辛抱強く頑張ることでその先の大いなる希望、夢が実現できる。自分も民主党も辛抱強く頑張れば国民の信頼を勝ちとることができる」

 「私は常に無私だ。自分を捨てて政治に取り組んでいる。ポジションなんかに何も固執していません」

 参院選に勝つためならば表面上は「脱小沢」でも構わない。そんなメッセージにも受け取れる。

 この言葉を裏付けるように執行部は「刷新」路線をジワジワと転換している。

 安住淳選対委員長は12日の民放番組で、小沢氏が進めた改選数2〜3人区への複数擁立について「候補者はフルスピードで走っている。できるだけそのまま頑張ってもらった方がいい」と語り、見直しに慎重な考えを示した。党内で軋轢を生むよりも「勢い」を持続させた方が得策だとの計算が透けてみえる。

 だが、国家公務員法改正案、政治主導確立法案など、「政治主導」を掲げた重要法案は軒並み廃案・継続審議となる。子ども手当や高速道路無料化など衆院選マニフェストの目玉政策は次々と修正されている。この論理のほころびをどう取り繕っていくのか。

調べるほどにおもしろい癒し系の仏さま 奈良・五劫院(産経新聞)
<口蹄疫>宮崎・都城の牛は「陽性」 農家の208頭殺処分(毎日新聞)
国連大使に西田氏起用へ=安保理改革の経験重視(時事通信)
子ども手当満額断念「理解してもらえる」と首相(読売新聞)
コンビニ本部の部長装う 清掃代金名目で加盟店から38万円詐取  (産経新聞)

花菖蒲ライトアップ 大阪の城北菖蒲園(産経新聞)

 ライトアップされた花菖蒲(しようぶ)を眺めながら音楽を鑑賞するイベント「花しょうぶと音楽の夕べ」が5日、大阪市旭区の城北公園の城北菖蒲園で始まり、来園者は幻想的な光と音の競演を堪能した。

 城北菖蒲園では、約250種1万3000株の花菖蒲を栽培。イベントは、花が見ごろの時期に合わせて旭区や地元のNPO法人などが開催しており、今年で20回目。

 この日は、2組のバンドがギターや打楽器などの演奏を披露。ステージ前では、花菖蒲が白や青、紫など色とりどりに咲き誇り、ライトアップされた幻想的な光景が、音楽とともに訪れた家族連れらを魅了した。

 ライトアップは6日まで。城北菖蒲園は20日まで開園している。

【関連記事】
光に浮かぶしだれ桜、東京・六義園でライトアップ
住雲寺のフジ見ごろ 鳥取県大山町
神戸ポートタワー LEDでライトアップ
枝垂れ桜が満開 栃木・大田原の光厳寺
春の夜空に荘厳な姿浮かぶ 平城宮跡の復元大極殿でライトアップ 奈良
「はやぶさ」帰還へ

[新製品]OKINET、小規模からテレビ会議を構築できるパック「VOCS-Lite」発売
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
【菅登板】拉致犯釈放嘆願書に署名「反省を」(産経新聞)
<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
コウノトリ 幼鳥1羽巣立ち 放鳥の親から今年も 兵庫(毎日新聞)

小林氏に議員辞職要求=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は2日午前の民主党両院議員総会で、北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件で陣営幹部らが起訴された同党の小林千代美衆院議員に対し、「その責めをぜひ負っていただきたい」と述べ、議員を辞職するよう求めた。
 公職選挙法の規定により、小林氏が16日までの今国会の会期中に辞任すれば、補欠選挙は参院選と同時に行われるが、辞任が今国会閉幕後の場合は10月となる。 

豪、捕鯨で日本を提訴へ(産経新聞)
ミニ新幹線を長野〜塩尻に通してみたら?(産経新聞)
3者会談、首相進退持ち越し…2日に再会談(読売新聞)
「仮想空間」マルチ商法 特商法違反容疑で一斉捜索 埼玉県警 (産経新聞)
コースター乗車の小6骨折=「安全バーに顔ぶつけた」―志摩スペイン村・三重(時事通信)

<名古屋市議会>全職員対象の賞与削減案可決 政令市で初(毎日新聞)

 名古屋市は20日開会した市議会臨時会に、今年度の市職員のボーナスを平均7.1%削減する条例改正案を提出し、同日午後の本会議で賛成多数で可決された。市によると、全職員対象のボーナスカットは政令市で初めて。

 今年6月と12月に支給されるボーナスを5〜9%の範囲でカットし、計約24億円を削減する。河村たかし市長は「厳しい財政状況を踏まえ、景気の冷え込みによる民間の厳しい状況も勘案する必要がある」と提案理由を説明した。人件費の削減総額は、これまでの取り組みと合わせて約181億円となり、河村市長が市長選で公約に掲げた10%削減が達成される。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長
名古屋市議会:恒久減税案など否決 河村市長、再々提出へ
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ

普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)
いい子紹介なら切符なしでも…巡査、違反見逃し(読売新聞)
イオン 「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)
<裁判>娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁(毎日新聞)

官房長官「九州内巡回案」怒りあきれる基地の街(読売新聞)

 八方ふさがりの状態が続く米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設問題で、また新たな案が浮上した。

 「九州内の自衛隊基地とのローテーション」。平野官房長官が12日、鹿児島県・徳之島町議に示したヘリコプター部隊の訓練移転案に、九州の基地周辺では反発が広がった。「検討に値しない」。事前の打診もなく、繰り返される場当たり的な対応に、怒りを通り越してあきれる声さえ漏れた。

 海上自衛隊大村航空基地がある長崎県大村市の松本崇市長は「大村が想定されているなら冗談じゃない」と拒絶する姿勢を見せた。

 同市議会は13日夜、市内4地区で市民との意見交換会を開いた。約30人が参加した大村航空基地近くの公民館では、議員が「訓練の一部を九州に分散すれば、大村も可能性がある。憂慮している」などと説明。市民からは「議会内に対策委員会を設置すべきだ」「訓練移転に伴う地域振興策につられないでほしい」などの要望が相次いだ。

 参加した地元町内会長の渡辺好之さん(67)は「首相の『腹案』が明らかになってきて、不信感が募っている。ローテーションでも大村は駄目。行政と連携し、市全体の反対集会も考えなければ」と訴えた。

 航空自衛隊新田原基地を抱える宮崎県新富町の三浦千尋議長は「あり得ない話。検討に値せず、コメントのしようがない」とあきれた様子。同町基地対策課の三本英弘課長も「国からは何の話もなく、受け入れの是非などは言いようがない」と淡々としていた。

 空自築城基地がある福岡県築上町議会の西口周治・基地対策特別委員長は「地元の意思も確認せずに勝手なことをしている」と反発。全国知事会長として、鳩山首相から移設問題への協力を要請された麻生渡・福岡県知事も13日夕、県内での受け入れについて、「(首相から)そういう話があるかどうか分からない。仮定の話をすると、事態を混乱させる」と明言を避けた。知事は11日の記者会見では、「せめて訓練ぐらいは本土側で受けていく姿勢を取っていくべきだ」と話していた。

 2006年の在日米軍再編の最終報告で、普天間の空中給油機部隊の訓練移転先とされた鹿児島県鹿屋市の海自鹿屋航空基地。この訓練移転にも反対する市議の一人は「ヘリ部隊となれば、空中給油機以上に危険が増す恐れがある。今後、情報を収集しながら改めて移転反対の民意を示す必要がある」と強調した。

H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
ボーナス7%カットへ=人件費10%減の市長公約達成−名古屋市(時事通信)
<雑記帳>通天閣ロボ、上海万博に「出張」させて…大阪(毎日新聞)
1億円金塊 21年間のシンボルを返還 兵庫・淡路(毎日新聞)
<八街殺人放火>孫娘の知人を別の器物損壊容疑で逮捕…千葉(毎日新聞)

陸山会事件 石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で起訴され、民主党を離党した石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=が10日、毎日新聞の単独取材に応じた。東京第5検察審査会が小沢氏を「起訴相当」と議決したことについて「パーティーや個人献金の額は報告したが、細かいことはしていない」と述べ、小沢氏の関与を否定。自身の虚偽記載は「ゼネコンからの闇献金は含まれていない」などとして「形式犯」との認識を示した。

【毎日動画】石川知裕議員単独インタビューの動画

 検察審査会は、04年分の収支報告書提出前に、小沢氏に報告や相談をしていたとの石川議員の供述を、共謀の「直接的証拠」と指摘していた。石川議員は「短い時間で端的に報告したが、それをもって(小沢氏が虚偽記載を)分かっていたという判断は先に進み過ぎている」と批判。「収支報告書に載せるかどうかはいちいち相談していない」と、自身の判断だったと強調した。

 一方、土地購入で中堅ゼネコン「水谷建設」から収支報告書に載っていない資金提供があったとの疑惑は「事実無根」と全面否定。虚偽記載は形式犯だとして「正しくはないが、悪質性が高いものではない」と主張した。

 動機は「会計知識が足りなかった。犯意を持ってやったことではない」としつつ、「公判にかかわるので、詳しいことは答えられない」と明言を避けた。

 また、小沢氏の資金管理団体の陸山会が活発な土地取引をしていたことについては「おかしいことではない。陸山会は土地取引で資産を増やしたわけではなく、賃貸で数百万円もするなら買った方がいい」との認識を示した。【田中裕之】

【関連ニュース】
違法献金事件:「訴因変更」で立ち往生 大久保元秘書公判
起訴相当議決:小沢氏に説明求める声拡大
小沢幹事長:「起訴相当」議決…石川議員「ノーコメント」
小沢幹事長:「起訴相当」議決…地元で「当然」の声も
小沢幹事長:「やましいことはない」…会見で辞任を否定

署課長代理を懲戒免職=特定女性に痴漢−警視庁(時事通信)
国際バラ展 個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
<もんじゅ>警報機誤作動…原子力機構、公表遅れる(毎日新聞)
高額布団販売で7人逮捕=「上下セットで40万円」−大分県警(時事通信)
途上国支援大会 タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)

<報国寺>青竹色、雨にぬれ 神奈川・鎌倉(毎日新聞)

 風が吹くとザワザワという音と共に、水滴が顔に落ちた。孟宗竹(もうそうちく)が雨にぬれ、青竹色を深める。

 神奈川県鎌倉市の報国寺にある竹林の庭園。40年程前に先代の住職が、江戸時代から自生する竹林を多くの人に見てもらおうと整備した。生えたタケノコはそのままにし、10年たつと間引く。手入れの良さがうわさになり、いつしか「竹寺」と呼ばれるようになった。

    ◇

 竹は成長するにつれ、若竹色から青竹色、黄色っぽい色へと変化する。【梅村直承】

【関連ニュース】
タケノコ:収穫ピーク 北九州の観光園
掘り出しニュース:親子タケノコ、府中で見つかる
親子タケノコ:府中で見つかる /東京
タケノコと草餅の会:春の味覚、200人舌鼓−−名張 /三重
後場市:県産タケノコ初 金沢で競り /石川

公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査−人事院(時事通信)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
生ゴミからエタノール、国内初の実用化成功(読売新聞)
「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
<共産党>志位氏が訪米へ 委員長で初(毎日新聞)

神戸の教会関連施設に消火器投げ込まれる(読売新聞)

 18日午前6時55分頃、神戸市中央区中島通のプロテスタント系教会の関連施設「神戸ルーテル聖書学院」で、1階廊下に消火器が転がり、消火剤が散乱しているのを男性牧師(63)が見つけ、110番した。

 玄関のガラスが割られており、葺合署は、何者かが外から消火器を投げ込んだとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、消火器は安全栓が抜かれた状態だった。

 兵庫、大阪、京都、滋賀の4府県では2008年秋以降、プロテスタント系の教会を中心に同様の被害が50件以上、相次いでいる。

被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期
気分はサーカス? 「エアリアル・ティシュー」を用いた運動が人気(産経新聞)
<消費税増税>民主党側拒否 「責任ある公約」遠く(毎日新聞)
島田製粉「深大寺そば」、無断でJASマーク(読売新聞)

<ゆるキャラ>日光仮面にとちまるくん 栃木県庁前にずらり21体(毎日新聞)

 ◇12市町と県21体集合

【京都】仏教界にも「ゆるキャラ」ブーム!?

 県内の自治体などが制作したマスコットキャラクター「ゆるキャラ」で魅力をアピールしようと、県は13日、県庁前で福田富一知事も参加して広報番組の撮影を行った。12市町と県から集合した「とちまるくん」や「日光仮面」など21体の着ぐるみに囲まれ撮影を終えた福田知事は、「これだけ集まるとすごい。うれしくなっちゃうね」と笑顔で話していた。

 県の広報番組「栃木のきらめき」はとちぎテレビで毎週月曜日午後7時15分から放送(木曜日に再放送)されており、13日撮影分は5月10日に放送予定。TOKYOMXや京都放送などでも放送される。【泉谷由梨子】

【関連ニュース】
親鸞:750回御遠忌前に「鸞恩」くんなどキャラ3体
掘り出しニュース:山口・湯田温泉の「白狐まつり」盛大に ゆるキャラ縄跳びも
福田知事:広報番組撮影 「ゆるキャラ」で魅力をアピール /栃木
しろまるひめ:観光大使として頑張って 姫路市のゆるキャラに住民票 /兵庫

手数料隠しで実刑判決(産経新聞)
ミクシィで同級生に「死ね」=容疑で農林中金職員逮捕−警視庁(時事通信)
日ロ首脳が会談へ(時事通信)
電線ケーブルカルテルで大阪の業者などを立ち入り検査(産経新聞)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)

<ISS>山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏(毎日新聞)

 平野博文官房長官と前原誠司宇宙開発担当相は12日夜、首相官邸で国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している山崎直子(39)、野口聡一(44)の両宇宙飛行士と、衛星回線を使って交信した。ISSに日本人2人が滞在するのは初めてで、山崎さんは「日本のプレゼンス(存在感)が、宇宙の空間で広がったことを実感している」と話した。

 山崎さんは「宇宙から見る地球は美しく、私たちも宇宙の一部だと実感している」と語り、「るり色の 地球も花も 宇宙の子」と自作の俳句を披露。平野氏は「行きたいな 総理も我らも 宇宙人」と返句した。山崎さんは持ち込んだ琴で「さくらさくら」を演奏し、「残りのミッションも頑張っていきたい」と笑顔で語った。【横田愛】

【関連ニュース】
ISS:宇宙でお国の自慢料理食べ比べ?日米露の飛行士
ISS:宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動
宇宙飛行士候補:訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」
山崎直子飛行士:巨大コンテナ取り付け作業開始
山崎直子飛行士:野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影

「立ち枯れ」「ガンダム」「敬老会」 新党「たちあがれ日本」の連想(J-CASTニュース)
<掘り出しニュース>地域通貨に「龍馬」 静岡・下田(毎日新聞)
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ(医療介護CBニュース)
居酒屋ねらって空き巣 男を逮捕(産経新聞)
幹事長代理に河野氏 自民 選挙対策、若手を起用(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
借金整理
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化
カードでお金
債務整理
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    リア充 (05/14)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    桃医 (01/10)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    モグモグ (12/17)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    パイン (12/12)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    夜沢課長 (12/09)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    機関棒 (11/25)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    しゅうじん (11/22)
  • 小沢氏、熊野古道で「再生」 民主、刷新は偽装? 執行部が選挙戦術踏襲(産経新聞)
    ぱたぱた (11/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM